質を保障する時代の公共性: ドイツの環境政策と福祉政策

Front Cover
ナカニシヤ出版, 2004 - Environmental policy - 332 pages
ドイツの環境政策と福祉政策、とくに本書で扱う分野に関しては「質」の管理と審査あるいは検査において重要な共通点がある。日独の政策を検討するに際して、その点がとくに興味深い。その共通点とは、民間非営利組織の圧倒的な社会的影響力である。環境政策の領域ではわれわれにとって関心の強い環境教育や有機農耕の推進において、また、介護・福祉の分野では介護サービスの提供はもちろん、専門職養成や自立に向けた介護の研究などにおいて、民間非営利組織の活動が活発である。その活動の空間が公共性である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information