市民活動論: 持続可能で創造的な社会に向けて

Front Cover
後藤和子, 福原義春
有斐閣, 2005 - Community development - 290 pages
NPO、企業、政府の相互作用という視点を重視し、それぞれの活動を明確に意味づけて、非営利セクターや市民社会について生き生きと解説する。社会関係資本や文化資本をキー・コンセプトに据え、持続可能性と創造性に着目し、創造的産業論や創造的都市論の成果を取り入れて、社会、産業、都市の再生と新たな公共性を探究する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information