菊と刀: 日本文化の型

Front Cover
講談社, 2005 - Japan - 423 pages
第二次大戦中の米国戦時情報局による日本研究をもとに執筆され、後の日本人論の源流となった不朽の書。日本人の行動や文化の分析からその背後にある独特な思考や気質を解明、日本人特有の複雑な性格と特徴を鮮やかに浮き彫りにする。“菊の優美と刀の殺伐”に象徴される日本文化の型を探り当て、その本質を批判的かつ深く洞察した、第一級の日本人論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information