なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学

Front Cover
化学同人, 2012 - Vision - 258 pages
現れては消える数々の疑似科学。私たちは、科学の仮面をかぶったニセ物をどう見きわめ、いかにつきあっていけばいいのだろう。本書では、疑似科学の問題点や科学と疑似科学をめぐる考え方を整理するだけではなく、疑似科学を信じてしまう傾向を、「ニセ物なのに信頼のおける科学だと思い込む誤信念」ととらえ、その核心に迫る。宏観異常現象による地震予知や血液型性格学をはじめとして、疑似科学に共通してあらわれる特性を鋭くついた決定的な入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information