虚構の形而上学: 「あること」と「ないこと」のあいだで

Front Cover
中村靖子
春風社, Feb 27, 2015 - Fictions, Theory of - 457 pages
われわれはどれだけの虚構を必要とするのか?意思を決定し選択する「主体」から、靖国神社の「神々」まで、実在と非実在の間を巧みに往還する9つの刺激的論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information