べてるの家の「非」援助論: そのままでいいと思えるための25章

Front Cover
浦河べてるの家は、精神障害をかかえた人たちの有限会社・社会福祉法人である。昇っていく生き方はもうやめた。リハビリなんて諦めた。病気の御旗を振りながら、べてるは今日も明日も降りてゆく。苦労と出会うために「商売」を。悩みをとりもどすために「経験」を。「弱さ」と「語り」をキーワードにした、右肩下がりの援助論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information