社会思想としてのクラシック音楽

Front Cover
新潮社, 2021 - 291 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
「生も死も同じである」とは?日本独特の死生観をさぐる。近代の歩みは音楽家たちが雄弁に語っている。バッハは誰に向けて曲を書き、どこから収入を得たのか。ハイドンの曲が徐々にオペラ化し、モーツァルトが貧困の中で革新的な名曲を連発したのはなぜか。大衆を酔わせるワーグナーの毒とは何か。ショスタコーヴィチは独裁下でいかにして名曲を生み出したのか。音楽と政治経済の深い結びつきを、社会科学の視点で描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information