組織シンボリズム論: 論点と方法

Front Cover
白桃書房, 2002 - 248 pages
本書はシンボリズムや組織文化に関心を持つ組織研究者を対象として執筆された。我が国ではシンボリズムの研究はいまだ緒についたばかりである。組織文化の研究にしても、社会学の認識論的パラダイムを十分自覚した研究はきわめて少ない。本書はこのような現状を打破したいとの思いを持って執筆された。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information