平安京遷都: シリーズ日本古代史 5

Front Cover
岩波書店, 2011 - Japan - 247 pages
権力争いの結果、予期せず皇位について桓武は、皇統の革新を強調すべく二度の遷都を行った。以後長らく日本の都として栄えることとなった平安京。その黎明期、いかなる文化が形成されたのか。天皇を中心とした統治システムの変遷や、最澄・空海による密教の興隆、また地方社会の変化にも目配りしつつ、武士誕生の時代までを描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information