地域社会と協働するコミュニティ・バンク: 米国のコミュニティ銀行・クレジットユニオンとNPO

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2009 - 491 pages
前作『米国のコミュニティ銀行』(2000)刊行から7年。重ねて進めてきた米国取材・現地調査からコミュニティ銀行の実相を明らかにする。「リレーションシップ・バンキング」と地域金融機関の存続可能性、地域経済・社会の再活性化、NPO・NPOバンク、「貯蓄から投資」の流れや「格差」問題と経済金融教育、協同組織金融機関の制度見直し論議など、わが国の地域金融および地域社会をとりまく諸課題に関しても、含意を引き出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information