帝国論

Front Cover
山下範久
講談社, Jan 10, 2006 - Imperialism - 248 pages
二一世紀、グローバル化する世界。“帝国”は脱領土化し、「言説空間」に闘争の場を移す。ネグリ/ハート『帝国』の問題提起を受け、「言説的権力としての帝国」によるヘゲモニー闘争として世界を読む画期的論考。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information