レゲエ・トレイン: ディアスポラの響き

Front Cover
青土社, 2000 - Music - 350 pages
ジャマイカ生まれのポピュラー音楽、レゲエについて、日本人研究者によって著された初の文化研究。レゲエの持つ〈反抗〉〈楽天的〉〈ピース&ラブ〉といったレゲエのイメージの向こうには、帰属と離脱に引き裂かれた二重意識がよこたわっている。レゲエの詞と響きのなかに、ジャマイカの文化政治にひそむ夥しい〈よじれ〉を聴き分ける、本格的レゲエ/ラスタ/ラガマフィン論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information