旅立ノ朝(あした): 居眠り磐音(五十一)決定版

Front Cover
文藝春秋, 2021 - 343 pages
寛政七年仲夏、豊後関前藩の湊に降り立った坂崎磐音一家。父で国家老の正睦を見舞うため、空也と睦月を故郷へと初めて伴った磐音だが、関前藩にまたもや新たな病巣が生じたことを知る。父の憂いを払うために、磐音は力を尽くすことを誓う。城下に総登城が知らされた日、関前藩は大きな転機を迎え...。全51巻、堂々の完結!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information