失われた時を求めて, Volume 10

Front Cover
岩波書店, 2016 - 494 pages
海辺を自由に羽ばたく鳥―アルベルチーヌをパリに連れ帰り、恋人たちの密やかな暮らしが始まる。篭の鳥となっても女は謎めいたまま、嫉妬と疑惑が渦を巻く。狂おしい日々を彩る、パリの物売りの声、芸術の考察、大作家の死。周囲の人々の流転とともに物語は進む。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information