アフリカのことばと社会: 多言語状況を生きるということ

Front Cover
梶茂樹, 砂野幸稔
三元社, 2009 - 557 pages
圧倒的大多数の現地語といくつかのヨーロッパ諸語の織りなす重層的な多言語使用の実態。危機言語、母語主義といった西側世界による介入。それらがつくり出す複雑な言語状況を概観し、サハラ以南アフリカ14カ国の、ことばと社会をめぐる諸問題を具体的に論じる。アフリカ社会を理解するうえで、なぜ言語問題が重要なのかを明らかにし、アフリカ地域研究への新たな視点を提示。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information