プレニテュード: 新しい「豊かさ」の経済学

Front Cover
岩波書店, Nov 29, 2011 - 180 pages
働きすぎと浪費の悪循環は、自然と人間を疲弊させ、環境の危機と経済の危機をもたらしている。この2つの危機から脱するためのキーワードは、「プレニテュード」。プレニテュードとは、環境に配慮した生産・消費のシステムと、個人のゆったりした働き方・暮らし方とが合致する新しい「豊かさ」のこと。従来型の市場経済を乗りこえる最先端の試みを多数紹介し、危機のなかに希望を指し示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information