東日本の統合と織豊政権

Front Cover
吉川弘文館, 2020 - Japan - 264 pages
十六世紀後半、関東では武田・上杉・北条らの領土紛争が激化、奥羽では伊達の勢力が急拡大する。戦乱の中で進化する築城技術や経済活動、領国支配の構造などを描き、織豊政権の介入で統合へ向かう東日本の姿を追う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information