生命倫理学とは何か: 入門から最先端へ

Front Cover
勁草書房, 2016 - 236 pages
はじめて生命倫理学を学ぶ人のための、新しい入門書の決定版!基盤となる考え方から最先端のトピックまで、わかりやすく明快に論じる。生命倫理学の骨格をなす道徳理論から臨床倫理、研究倫理、公衆衛生倫理までをバランスよく解説し、再生医療など最新の話題も幅広く網羅。ジレンマが生じる場面の具体例の考察を通して、読者が自ら考える力を育む。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information