離散構造

Front Cover
朝倉書店, 2013 - Algebraic number theory - 170 pages
離散構造は必ずしも連続的でない対象を取り扱い数学の幅広い分野と関連している。いまだ体系化されていないこの分野の学部生向け教科書として数え上げ,グラフ,初等整数論の三つの話題を取り上げ,離散構造の数学的な扱いを興味深く解説。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2013)

早大

Bibliographic information