思想としての言語

Front Cover
岩波書店, 2017 - Language and languages - 246 pages
言語の豊饒なる特殊性が、思想としての普遍性を獲得するとき―言語経験をめぐる遍歴としての、古今東西の「言語論的転回」の軌跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information