左翼のメランコリー: 隠された伝統の力一九世紀~二一世紀

Front Cover
法政大学出版局, 2018 - 306 pages
挫折した革命と夢破れたユートピアの記憶に宿るメランコリーは、左翼思想・文化をいかに形づくってきたのか。マルクス、ベンヤミン、ダニエル・ベンサイドらのテクストを背景に、ソ連芸術の諸潮流、ネオレアリズモの諸作品やテオ・アンゲロプロス、クリス・マルケル、ケン・ローチ、パトリシオ・グスマンらのイメージが織りなす喪と再生の左翼史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information