公共政策と住民参加

Front Cover
公人の友社, 1999 - Political planning - 87 pages
公共政策というものは市場制度とともに絶対に必要な条件であるにもかかわらず、それがうまくいかない条件をどう是正するかというのは、政府部門に属している公務員が持っている一つの内部的に改革しなければならない課題である。同時にそれを是正できるように住民がチェックをする、あるいはいろんなチェック組織、これは後から話しますが、そういうものによってこの政府部門というものが欠陥に陥らないようにする、そういう仕組みが同時に公共政策の中では求められていく。本書はそういう原理的なことを一応前提にしながらできるだけ現実の課題、特にこれからどうしたらいいのかという問題を中心に取り上げている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information