ことばと思考

Front Cover
岩波書店, 2010 - Cognitive grammar - 232 pages
私たちは、ことばを通して世界を見たり、ものごとを考えたりする。では、異なる言語を話す日本人と外国人では、認識や思考のあり方は異なるのだろうか。「前・後・左・右」のない言語の位置表現、ことばの獲得が子どもの思考に与える影響など、興味深い調査・実験の成果をふんだんに紹介しながら、認知心理学の立場から明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information