生権力論の現在: フーコーから現代を読む

Front Cover
檜垣立哉
勁草書房, 2011 - Biopolitics - 271 pages
ポストモダン的なフーコーの受容を超えて、新たな領域へと拡散しつつ応用される豊穣な議論へ。生命の世紀である21世紀を解読する軸として、今新たな視角から求められている「生権力」概念。人類学、社会学、哲学を専門とする気鋭の論者の論考によって、フーコーの議論の原理的な潜勢力を明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information