東洋の英知と西欧の心理療法: 精神医学者のインド紀行

Front Cover
みすず書房, 1972 - 216 pages
現存在分析論の立場から「西欧の心理療法」を探究してきた精神医学者が、インドを訪れ、「東洋の英知」を語る。インドの哲学、インド人の生活に触れながら、心理療法の限界への答えを思考した、洞察の深い精神医学書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information