ガラスの鍵

Front Cover
光文社, 2010 - 453 pages
賭博師ボーモントは友人の実業家であり市政の黒幕・マドヴィッグに、次の選挙で地元の上院議員を後押しすると打ち明けられる。その矢先、上院議員の息子が殺され、マドヴィッグの犯行を匂わせる手紙が関係者に届けられる。友人を窮地から救うためボーモントは事件の解明に乗り出す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information