不機嫌な果実

Front Cover
文藝春秋, 2001 - Japanese literature - 342 pages
三十二歳のヒロイン、水越麻也子は、結婚六年目の夫に不満を抱き、昔の恋人野村と不倫の逢瀬を重ねていた。だが歳下の情熱的な音楽評論家、通彦との恋愛で、麻也子は大きな決断を迫られることになる...。「不倫」という男女の愛情の虚実を醒めた視点で描いて一大社会現象を巻き起こし、TV・映画化された、恋愛小説の最高峰。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information