危機・不安定性・資本主義: ハイマン・ミンスキーの経済学

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2012 - 330 pages
今、世界経済は世界大恐慌以来の危機のもとにある。危機を防止するのが仕事である中央銀行家や金融当局は、今回の危機を引き起こした「戦犯」の一員である。彼らの失敗を受けて、主流派経済学に対する批判も高まっている。本書はミンスキーの理論に基づき、経済危機の原因を解明するとともに、危機を拡大させた経済理論と政策の誤りを明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information