旧約聖書の象徴世界: 古代オリエントの美術と「詩編」

Front Cover
教文館, 2010 - 461 pages
古代イスラエルの人々にとって、「太陽」や「雷雨」などの自然現象はどんな意味を持っていたのか?なぜ「岩」、「砦」、「翼」などと神に呼びかけたのか?詩編の祈り手たちが思い浮かべるイメージの世界に近づくためには、視覚的なアプローチが不可欠となる。本書は古代オリエントの図像から詩編の世界を例証し、旧約時代の人々の息吹を甦らせ、日常的な感性を身近なものにしてくれる。図版約550点、写真約30点所収。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information