ミハイル・バフチン対話の原理: 付バフチン・サークルの著作

Front Cover
法政大学出版局, 2001 - 408 pages
バフチン思想のキーワード―“他者性”と“対話”―を根源的に解き明かすとともに“バフチン・サークル”の著作群をバフチン理解に不可欠のテクストとして翻訳・紹介して西欧世界に初めてバフチン思想の全体像を提示した先駆的な試み。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information