ソフトウェア社会のゆくえ

Front Cover
岩波書店, 2012 - 192 pages
いまや社会の隅々まで行き渡り、われわれの生活や思考スタイルまでも改造しつつあるコンピュータ・ソフトウェア。その実像をどこまでわたしたちは知っているだろうか。巨額な損失をもたらすシステム・エラーやハッカーの知られざる姿、日本のソフトウェアビジネスの虚実などを例に、ソフトウェアと現代社会との関わりをソフトウェア工学の専門家が描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information