戦後日本の人口移動と家族変動

Front Cover
文眞堂, 2018 - Migration, Internal - 142 pages
戦後日本において、家族の姿は人口転換や少子化によって大きく変動してきた。そして東京一極集中に代表されるような地方圏と大都市圏との間の人口移動にも様々な変化が生じている。これらの現象はどのように関係し、その関係はどう変化してきたのか。家族形成行動と人口移動との関連性に着目し、戦後日本の人口変動を捉えなおす視点を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information