児童生徒理解と教師の自己理解: 育てるカウンセリングを支えるもの

Front Cover
國分康孝
図書文化社, 1998 - 197 pages
「子どもが変わった」「何を考えているかわからなくなった」と、ほとんどの教師が口にする。ところかまわずすぐに「キレる」子どもたち。教師を教師とも思わない子どもたち。わがまま勝手な子どもたち。彼らの暴走を教師だけで止められるのだろうか。理解できない子ども、言うことをきかない子どもたちに出会うと不安やイライラがつのり、ますます対話の糸口は遠ざかる。これには子どもも敏感に反応する。なぜすれ違ってしまうのか、どうしたらリレーションをもてるのだろう。本書はこの問いに二つの視点で答える。まず子どもたちのホンネに迫ること。そして第二に教師が自分の考え方や感じ方を再検討することである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information