護道の完成自他を護る実戦武道: 路上の戦いから神武不殺の極意へ

Front Cover
BABジャパン, Oct 5, 2021 - 248 pages
福祉現場でのパニック対応で磨かれた
“傷つけず収める”術理!

「腕封じ」の実用技法、スローα波による「脳波移し」...etc. 達人技を解説!
ひたすら喧嘩に強くなることを追い求め、あらゆる武道・格闘技を学んだ若き日々。そして、自閉症の息子のパニック行動対応から辿り着いた究極の護身武道、その実戦理論を初めて明らかにする!


CONTENTS

はじめにストリートファイトから自他護身へ

■第1章引き分けにもっていく「先制防御」
引き分けの武道...護道の術理解説:護道構え/強さへの憧れ
幻の目打ち...護道の術理解説:間合い

■第2章体格差も人数差も超える術理
ケンカ空手/ケンカ十段・芦原館長との組手/ストリートファイト
1対多数の喧嘩...護道の術理解説:歩法/トレーナーは伝説の喧嘩師
プロレスごっこ...護道の術理解説:錬成力

■第3章フェイント等、自由な攻撃に対するコツ
立ち合い...護道の術理解説:突きの変化に対して
路地裏のカンフー・ファイト...護道の術理解説:意識誘導

■第4章突きも蹴りも出させない方法
相撲の脅威...護道の術理解説:腕封じ
路上のキックバトル...護道の術理解説:蹴り技への対応法

■第5章試合と実戦の隔たりを知る
格闘フリースクール/居合による真剣の稽古...護道の術理解説:刃物への対応法
ムエタイと任侠道/〝拳脚のフェンシング〟サバット/試合と実戦の違い

■第6章護身武道の戦略パターン化
深夜のバーリトゥード/ブラジリアン柔術と総合格闘技/護身のルール
達人の涙

■第7章 「自他護身」というコンセプト
青空護身術道場/躰全道/自他護身の必要性
AIを超えた先制防御の発想と護道構え
達人技の解明...護道の術理解説:一体化と立坐臥動/窃盗犯との遭遇と護道の誕生

■第8章脳波コントロールで極意へ
極意開眼/脳波移し/人と宇宙を繋ぐシューマン共鳴/究極の護身術

■特別編お互いを傷つけないから恐怖が消える
強者より賢者になること/相手を傷つけないことが自分の恐怖感を抑える
「強さ・弱さ」の捉え方が変わるきっかけ/「本当の強さ」とは何か?

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

About the author (2021)

著者 ◎ 廣木 道心 ひろき どうしん
国際護道連盟宗家。支援介助法創始者。1972年生まれ。17歳より少林寺拳法、芦原空手、居合剣術、中国拳法、ボクシング、ムエタイ、サバット、ブラジリアン柔術などを学び、ノールールの野外試合も多数経験。知的障害のある息子の育児経験から、護身術と福祉のサポート技術を総括した武道「護道」を創始。著書に『発達障害・脱支援道』『自傷・他害・パニックは防げますか?』(花風社)、『発達障がいのある子どもへの支援介助法』(ナカニシヤ出版)など多数。

護道公式HP https://go-do.net/
道心ブログ https://ameblo.jp/doshin01/

Bibliographic information