ヒトラーと物理学者たち: 科学が国家に仕えるとき

Front Cover
岩波書店, 2016 - Germany - 424 pages
権力や名声には無関係と思える科学や科学者が、結果として政権に奉仕することになっていったのはなぜか。プランク、ハイゼンベルク、デバイという三人の著名なノーベル賞学者を中心に、最新の資料や新証言から見えてくる人間の弱さ・したたかさを徹底的に問う。彼らはいったい何を守ろうとしたのか。それは過去の話ではない。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information