糖尿病とウジ虫治療: マゴットセラピーとは何か

Front Cover
岩波書店, Oct 4, 2013 - Beneficial insects - 118 pages
四〇代以上は三人に一人が糖尿病になる時代。自覚症状がないまま進行し、気づいた時には足の潰瘍・壊疽により、下肢切断を余儀なくされる人も少なくない。いま切断せずに画期的に潰瘍を治癒する方法がある。なんとハエのウジ虫を使う。それはいったいどんな治療なのか。なぜハエなのか。驚きの治療の実際としくみを解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information