自殺について他四篇

Front Cover
岩波書店, 1979 - 107 pages
ショウペンハウエル(1788‐1860)の主著『意志と表象としての世界』以上に愛読された『付録と補遺』の中から、自殺に関する論稿5篇を収める。人生とは「裏切られた希望、挫折させられた目論見、それと気づいたときにはもう遅すぎる過ちの連続にほかならない」など、透徹した洞察が、易しく味わい深く書かれている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information