脳の学習力: 子育てと教育へのアドバイス

Front Cover
岩波書店, 2006 - 340 pages
子どもへの教育は、何でも早ければ早いほどよいのか?大人の脳細胞は死滅していくだけで、学習には遅すぎるのか?著者のサラ・ブレイクモアは、行為と自己意識に関する脳内メカニズムについて、ウタ・フリスは、他者の行為や表情から、その意図や心的状態を推測する機能について研究している。「認知神経科学」という新しい分野の第一線で活躍する二人が、最新知見から早期教育や生涯学習に関して「本当のこと」を明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information