工場: 小説・女工哀史 2

Front Cover
岩波書店, 2018 - Japan - 554 pages
恋と発明の夢に敗れ、失意の自殺未遂から生還した主人公。以後の人生は紡織工場の奴隷労働解放に捧げようと誓うが...。『女工哀史』著者が、工場現場の女と男の生身の姿を描く迫力の小説。『奴隷』との二部作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information