エンデ全集 13 自由の牢獄

Front Cover
岩波書店, 1996 - 285 pages
十年余の熟成期間を経て発表された傑作短編小説集。精神世界の深みにおもりを下ろし、そこに広がるさまざまな現実を色とりどりの花束に編み上げた、エンデ文学の到達点を示す力作である。ヨーロッパ的精神世界とドイツ・ロマン派的な文学伝統を背景に、手紙、手記、「千一夜物語」のパロディ、伝説など、多様な手法を駆使してファンタジーの世界がくり広げられる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information