認知インタフェース

Front Cover
オーム社, 2002 - 233 pages
本書は広くヒューマンインターフェースのデザインに興味をもつ学生や企業人を念頭に著したものである。書名が示すように、議論の重点はヒューマンインタフェースの認知的要因に置かれている。人間の認知情報処理と、ユーザとコンピュータシステムのインタラクション(相互作用)について、読者がしっかりとした基礎的理解を得ることを目的としたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information