エルヴィスが社会を動かした: ロック・人種・公民権

Front Cover
米国社会の強固な差別構造と偏見を打ち崩したのは、政治意識に目覚めた運動家ではなく、ロックンロールという若者たちの饗宴であった―。保守的社会意識の根強く残る南部で、若者たちの熱狂的共感を集めたエルヴィス・プレスリーの音楽活動を通じ、戦後アメリカの社会構造を読み解く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information