政治哲学の復権: アレントからロールズまで

Front Cover
ミネルヴァ書房, 1998 - 344 pages
政治哲学は、政治社会の在り方の探求と政治的事象の本質を掴むことである。本書は、6人の代表的政治哲学者の思索を読み解く中から、20世紀の政治的経験を歴史的・哲学的パースペクティヴから解明する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information