統合失調症あるいは精神分裂病: 精神医学の虚実

Front Cover
講談社, Dec 10, 2004 - 283 pages
目の前の何でもない風景が急にまがまがしく見える時。そこからはじまる「病」はいかに進展するのか?いかに回復していくのか?果たして何が「分裂」し、何が「失調」するのか?精神科急性期治療の第一線に立ち続けてきた著者が、従来「精神分裂病」に付随して語られてきた誤謬を論破し、治癒へつながる「病の本質」を解明する講義。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information