ハイデガーの政治的存在論

Front Cover
藤原書店, 2000 - 206 pages
まったく新しいハイデガー像。哲学は社会に超然たりうるだろうか。哲学と社会の関係の本質にラディカルに迫る。いっけん“社会的な政治”とは無縁に見えるハイデガーの「純粋哲学」の核心に、社会的な政治性を発見する「哲学の社会学」。哲学は、哲学的言説が社会的文脈に還元されることを何ゆえ断固拒むのか?「内在的読解」による、哲学の自己批判から、デリダブルデュー論争の本質を明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information