倫理学, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2007 - 481 pages
和辻哲郎(1889‐1960)の主著であり、近代日本最大の体系的哲学書。東西の古典を渉猟し、現象学・人類学・社会学・地理学など最新の学知を総合。倫理学原理論から共同体論に至る一大構想は、余人の追随を許さぬ壮大さで屹立する。本冊では共同存在としての人間を律する「根本理法」としての倫理学の方法を考究。全4冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information