横浜英仏駐屯軍と外国人居留地

Front Cover
横浜対外関係史研究会, 横浜開港資料館
東京堂出版, Mar 25, 1999 - Japan - 411 pages
幕末の開港以後、かつて日本を代表する生糸輸出の港町で、さらに国際都市として知られる横浜は、これまで二度にわたって外国軍隊の駐屯を体験した。アジア・太平洋戦争敗北の1945年以降、アメリカ軍による日本単独占領の一環として横浜にも「軍政」が施行された時期と、余り知られていないが、明治維新期にイギリス・フランス軍が外国人居留地警備の理由で、横浜の一角に10年余り来駐していた時期である。本書は後者の問題を取りあげ、共同研究のかたちで、それをまとめた成果である。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information