キャッチアップ型工業化論: アジア経済の軌跡と展望

Front Cover
名古屋大学出版会, 2000 - Asia - 375 pages
アジア諸国の経済発展とその危機を、タイの事例を導きの糸として、工業化の担い手、イデオロギー、制度・組織を焦点に、「まるごと」捉えたアジア経済論。グローバル化・自由化・IT化が喧伝される中「モノ作り」と「ひと」の問題を見つめ直す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information