自然の占有: ミュージアム、蒐集、そして初期近代イタリアの科学文化

Front Cover
ありな書房, 2005 - 782 pages
ルネサンスにおけるミュージアムの出現と自然のすべてを蒐集し、世界の知識のすべてを所有しようとする探求の形態を明らかにし、古典古代の権威/典拠を踏み超え、ナチュラル・ヒストリーの再生と発展と確立を通して蒐集文化と医学理論と科学文化の複合的な観念体系を語り尽くす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information