性倒錯の構造: フロイト/ラカンの分析理論

Front Cover
青土社, 2006 - 272 pages
同性愛、サディスム、マゾシスム、少女愛、フェティシスムなど、人はなぜ異性愛とは異なる欲動をもつのか。性倒錯の基本構造を、現代精神分析学の最新成果を駆使し明快に分析する―。日本初のラカン学派による性倒錯構造論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information